福祉施設での仕事

先日、現役の看護師である友人と話しました。友人はどうやら転職を考えているようです。せっかくの看護師なのに、と私は思ったのですが、看護師の転職はよくあることだそうです。
というのも、単純にお子さんがまだ小さいので、できるだけ時間の固定された職場に移りたい、というのです。単純に今の病院で固定シフトにできないものかと聞いてみますと、人手の問題でちょっと無理そうなのでいっそ移籍、ということらしいです。多少収入が落ちても、昼勤専門であればいいということでしたので。私のほうでも何かないかと思い、素人ながら調べてみることにしました。

結果ですが、どうやら老人介護や障害者介護などの社会福祉施設でも看護師の募集は行っているようですね。
やはり高齢化社会ですから、その手の福祉施設は結構人手不足のようです。訪問看護の施設もあります。
そこで看護師は何をするか、と言いますと、普通に介護福祉士に混じって日常生活の介護ですとか、血圧の計測などのバイタルチェックが主な仕事になるようです。
後は彼女にとって一番の問題である時間帯の問題ですね。病院と違って緊急の患者さんが運ばれてきたり、重度のケアを要する重体の患者さんがいるわけではないので、そういう意味では時間帯は普通の病院に比べたらかなり安定しているようですね。
覚えたスキルが無駄にならずに、かつ時間も安定している、ということでこういうものがあるという話をしましたら、福祉施設での仕事を当たってみる、とのことでした。それからの結果は聞いていないんですけど、無事に良い職場を見つけていることを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です