需要が高い福祉の資格

介護福祉士は福祉の国家資格の一つです。介護福祉士は障害によって日常生活に支障がある者に対して介護を行ったり、その介護者に対して指導する人のことを言います。名称独占資格の一つでもあります。介護福祉士は業務内容が過酷なため、離職率が高めなのが特徴です。介護福祉士になるためには、労働大臣が指定している養成施設を修了して登録する方法、介護実務経験3年以上、実動日数が540日以上で実務者研修が修了となり、その後に介護福祉士国家試験に合格して登録する方法もあります。そして、高校などで福祉に関する所定の科目、及び単位数を修了して介護福祉士国家試験に合格しても登録されます。2015年からは資格の取得方法が少し変わってきますので注意が必要となります。高齢化社会が進んでいる日本では今後、介護職の需要は高まってくるでしょう。介護福祉士の需要は高まってくると予想できます。介護福祉士国家試験は筆記の一次試験と実技の二次試験があります。一次試験は一月下旬で、二次試験は3月上旬に実施しています。筆記試験の科目については厚生労働省のホームページに載っていますので確認しましょう。厚生労働省のホームページには平成21年度の試験結果が載っていましたが、合格率は50%くらいでした。2人に1人の割合で合格しているようです。試験地は都道府県全部にあるわけではないので、試験地の無い県の人は他の都道府県で試験を受けることになります。また、筆記試験会場はあっても実技試験会場が無い県もありますから、それも注意が必要です。介護福祉士は需要の高い資格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です